Qゼミ
Web通信
2019.9月号
9月からは後期です。受験生の方は過去問を演習していますか。
志望校の過去問は早めに取り組むべきです。理由は2つ。
①過去問の演習時間を確保するため、②弱点単元を補強する時間確保のためです。
学問の習得が未完成であったとしても過去問は優先してください。受験までの時間を考えると学習効率を考えないといけません。未完成の単元には、志望校によく出る範囲とそうでない範囲があります。よく出る範囲に時間を優先すべきです。
また、問題の形式に慣れるには5年分以上の過去問を演習することをお勧めします。記述問題が多いなら同じ問題を2回演習するとよいです。書き方の練習になります。その他にも、知識の確認にもなりますし、時間配分も身に着きます。
1週間に1年分×5年分×志望校3校=15週、約4か月です。さあ、過去問を演習しましょう。