Qゼミ
Web通信
2021.3月号

無限の可能性を求めて
私たちが子どもたちと接するとき、常に意識していることがあります。それは、子どもたちには無限の可能性があるということです。
私たちは、学習指導の中で一人ひとりの個性を把握し、子ども自身が気付かない輝くものを探し、それを引き出してあげたいと考えています。将来、自信をもって誇れるものが持てる、きっかけを作ってあげたいと考えています。
ですから授業時間では、「分かること」を重視しています。分かろうとする気持ちが、考え・理解しようとする学習姿勢を生み、分かることで解けたという達成感と自信が持てるようになります。実はこの自信が大切なのです。自信を持つことは更なる挑戦につながり、自分自身を磨くことになります。
小さなことで構いません。自信が持てるものが見つけられるよう頑張りましょう。